健康のために水を飲む!手軽にできる方法を整体師が解説!!

こんにちは、リスタさんです!!

群馬県で整体師として、日々お身体の悩みを抱えていらっしゃる患者さんの健康のために奮闘しております。

今回はある患者さんからのお悩みにお答えしていきます。

患者さん
健康のために水を買っているんだけど、重いものを運ぶのが大変で…。

まず、健康のために水を飲もうと意識していらっしゃるのは良いことですね!

ぜひ続けていただきたいと思います。

しかし面倒くさいことって続かないものです。

健康のためとはいえ、もっと手軽にできると良いですよね。

水を買っても重くて運ぶのが大変という方のために、私が実践している方法を紹介します。

結論:浄水器付きボトルが便利!

私も以前は近所のスーパーで2リットルのペットボトルが9本入ったダンボールを買っていました。

それを妻と二人で飲んでいましたから、一週間も経たないうちに空っぽになってしまいます。

毎回買うのが面倒になり一度に2箱買うようになりましたが、重くて運ぶのが大変!!

ちょっと買うのが嫌になっていました。

もっと簡単にできる方法はないかぁなと調べているうちに見つけたのがコチラ!

ブリタの水筒です!

この水筒には浄水用のカートリッジが内蔵されているため、水道水を入れるだけで健康的な水を飲むことができます。

つまり、重いダンボールを運ぶ手間が全くなくなったのです。

浄水器付き水筒で生活はどう変わった!?


以前は毎週の買い物のときに重いダンボールを運んでいました。

2箱買っていたときは、水だけで36kg以上の重さのダンボールを運んでいた事になります。

その他の購入品と合わせれば、一回の買い物で40kgも運んでいました。

それは大変ですよね!

今ではその買い物のストレスはなくなりました。

朝、ボトルに水道水を入れるだけです。

600mlの水が入りますので、それだけでしばらくは補充する必要はありません。

後はボトルを机の上に置く。

ボトルの水がなくなったら水道水で補充しなければなりませんが、1日3回だけで1.8リットルの水分補給ができます。

まったく面倒ではありません。

環境問題にも良い影響アリ


正直、BRITAを使い始めたときには環境問題まで考えていたわけではありません。

しかし、小さなことですが私でも少しは環境問題の改善に役に立てるのではないかと思うようになりました。

水分補給に水筒を使うことでそれまで買っては捨てていたペットボトルを使わなくなりました。

「マイクロプラスチック」が自然界に与える悪影響がメディアでも取り上げられています。

リサイクルの技術が進歩しながらも、捨てられた人造ゴミの問題はこれからも身近なものであるはずです。

水として飲んでいたペットボトル、コンビニで買っていたペットボトルやプラスチックカップ。

プラスチックはとても便利な発明品で、それ自体が悪いというわけではありません。

何事もバランスが大切だと思います。

BRITAのボトルを持ち歩くことで少しでも自然環境改善の役に立てるのであれば、私はこれからも使っていこうと思います。

手軽に自分と地球の健康を守る


水を飲むことで健康的な身体をキープすることや、ダイエット効果があることは以前の記事で紹介したとおりです。

軽い運動を習慣化することで健康的な身体になることは誰でもわかっていることですが、それを続けられる人は多くはありません。

まずは手軽にできることを実践して身体の健康について考えましょう。

そのために、手軽に水を飲む習慣ができるBRITAはとてもおすすめです。

さらに環境問題にも良い影響があると思えば、続けられるのではないでしょうか。

「自分一人でやっても何も変わらない。」

たしかにそうかも知れませんが、どうせやるなら

「これを続ければ環境にも優しい!」

と思いながらやってもいいじゃないかと思います。

どうせやることは変わらないのですから。

家庭で手軽においしい水を飲むならコチラもオススメ!

関連記事

水を飲むだけでなぜ痩せる?簡単ダイエットを身体のプロが解説!
1日2リットルも飲むの!?いや、もっと少なくてもいいでしょ!